あれこれ手帖

日々のあれこれ、気になるお役立ち情報をお届けします!

お盆

新盆・初盆とは?香典の相場やお供え、服装はどうしたらいい?

投稿日:2017年6月3日 更新日:


新盆・初盆とは、故人をはじめて迎えるお盆のことです。

お盆については知っていても、新盆・初盆となると、
わからないという方は多いのではないでしょうか?

そこで、新盆・初盆に招かれた場合の香典の相場やお供え、
服装はどうしたらいいかなどを調べてみました。
よかったら参考にしてみて下さい。

[ad#co-1]

新盆・初盆とは?

お盆は、先祖や亡くなった方をお迎えし供養する行事ですが、
「新盆」または「初盆」は、故人の四十九日を過ぎてから、
初めて迎えるお盆のことを言います。

お盆の時に四十九日を過ぎていない場合は、翌年に新盆の法要を行います。

新盆は、故人が初めて帰ってくるお盆なので
親族や親しい方を招いて、手厚く丁寧に供養を行います。
僧侶を招いて法要を行ない、法要後に会食をするのが一般的です。

「新盆」は「にいぼん」「しんぼん」「あらぼん」と読み、
「初盆」は「はつぼん」と読みます。
地域によって読み方が異なるようです。

一般的なお盆は8月13日~16日ですが、地域によっては
旧暦の7月15日~8月15日頃に行なところもあります。

新盆・初盆の香典の相場は?

新盆に招かれた場合は必ず香典を包みます。
 
香典の金額は故人との関係にもよりますが、
一般的な相場は5千円~1万円のようです。
法要後の会食にも招かれている場合は
食事代の意味で少し多めに包みます。

香典の他にお供え物も持参する場合は
相場の金額より少なくてOKです。

新盆・初盆の香典ののし袋は?

新盆の香典ののし袋の表書きは「御仏前」になります。

仏教では葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使い、
四十九日法要を過ぎたら
故人は旅立ち仏様になるため「御仏前」を使います。

水引は双銀、黒白、藍銀、黄白の
「結び切り」か「あわじ結び」を用いるのが一般的です。
包む金額にあったのし袋を用意して下さい。

葬儀などの場合、新札は「亡くなるのを予想していた」
とされるため不適切とされますが、
新盆などの場合は、事前にわかっていることなので
新札でも問題ないとされています。

新札を入れるのは気が引けるという方は
軽く折り目をつけてからいれるとよいでしょう。

[ad#co-2]

新盆・初盆のお供えは?

新盆に招かれた場合、香典を包むのが一般的ですが
香典のほかにお供え物を用意する方もいると思います。

どんなお供え物を選ぶのがよいのか調べてみました。

◆お線香やろうそく
 お仏壇にはかかせないものなので
 定番のお供え物となっています。
 無難ではありますが、多くの人が贈るので
 あまり喜ばれない場合があります。

◆お花
 お線香やろうそくに続く定番のお供え物です。
 お葬式は菊の花と決まっていますが
 初盆には決まりはありません。
 ただし、匂いが強いお花や派手すぎるアレンジメントは避けましょう。

◆お菓子
 お菓子も定番のお供え物です。 
 お供えした後に分けられるように
 小分けになっている焼き菓子やおせんべいがおすすめです。
 できるだけ日持ちのするものを選びましょう。

◆果物
 果物も定番のお供え物です。
 詰め合わせなどがおすすめです。
 
故人との関係にもよりますが、
お供え物の金額の相場は3千~5千円のようです。

そうめんやコーヒーなどのお茶セットだと
お中元っぽくなってしまうので注意が必要です。

お供え物ののし紙の表書きは「御供」または「御供物」で、
水引は「結び切り」にします。
色は双銀、黒白、藍銀、黄白を使用しましょう。

新盆・初盆の服装は?

葬儀の時と同じ喪服を着用するのが一般的です。
しかし最近では、夏の暑い時期に行なわれることから
「平服でお越し下さい」と言われるケースも多くなりました。

平服とは略式装のことを言います。
ジーンズやTシャツなどの普段着のことではありません。

平服でと言われた場合は
黒・グレー・紺などの落ち着いた色の服装を着用します。
男性ならスーツにシャツ、ネクタイ着用が基本です。
女性ならワンピースやスーツで、素足はNGです。

ただし、遺族の方より礼服の格が上にならないよう注意して下さい。
また、喪服で行ったら周りは平服だったり、
逆に平服で行ったら周りは喪服だったなんてこともあります。
その家や地域などで違ってきますので、施主の方に事前に確認しておきましょう。

まとめ

新盆の招かれた場合の香典の相場やお供え、
服装についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

新盆・初盆は、はじめて帰ってくる故人を迎える大切な行事です。
お招きを受けた場合は、失礼のないように故人のご冥福をお祈りしましょう。

[ad#co-3]

-お盆

Copyright© あれこれ手帖 , 2020 All Rights Reserved.